三大成人病

スポンサードリンク

高尿酸血症のリスクと成人病

三大成人病と関係の深いものには「高尿酸血症」という疾患があります。
「高尿酸血症」は三大成人病の「心臓疾患」と「脳血管疾患」にかかるリスクを高めます。

高尿酸血症とは、血液中に尿酸が増え、血清尿酸値が男性では7.6ml/dl、女性では5.9ml/dl以上ある方を高尿酸血症といいます。
高尿酸血症の症状は、血液中に尿酸が多くなると、尿酸の結晶が血液中に貯まり、これが尿酸塩のかたまりになり、関節に沈着し関節炎を引き起こします。
この炎症は、「痛風」といい、強い痛みを伴います。

関節炎は1〜2週間で治まりますが、尿酸値が上がれば関節炎は再発します。

高尿酸血症を防ぐには、「プリン体の摂取を控えること」と「体内の尿酸をスムーズに排出すること」のこのふたつが大切になります。
プリン体の排せつは尿から排せつされます。

プリン体の摂取を控えには、プリン体を多く含む食品を控えることです。プリン体を多く含む食品には、干物、ヤリイカ、スルメイカ、レバー、鶏もも肉など干物や内臓系が高プリン体食品です。また、ビールに多く含まれています。
反対に、プリン体の少ない食品には、野菜、お米、牛乳、卵、オレンジ、りんごなどがあります。

体内の尿酸をスムーズに排出することで大切なことは、「レモン」や「梅干」などは排せつをスムーズにします。
また、日常の生活を規則正しいものに改善します。
不規則な生活は、尿酸値を上昇傾向にします。

プリン体を摂りすぎないように考えた食事は、栄養素を考えると混在していて難しいですが、特に多く含む食品は、口にしないようにしましょう。 三大成人病,予防,検診,成人病,検査

高尿酸血症のリスクと成人病関連記事


プライバシーポリシー