三大成人病

スポンサードリンク

三大成人病の原因 「高脂血症」

三大成人病と関係の深いものに、高脂血症があります。

高脂血症とは血液中の脂質の量が異常に多い状態をいいます。
この多くなる血中脂質にはコレステロール、リン脂質、中性脂肪、遊離脂肪酸などがあり、これらの多い脂質によって、高脂血症の種類が変わります。

高脂血症には、総コレステロール値が高いものと、中性脂肪値が高いものと、どちらとも値が高い種類があります。

血中脂質が高い状態はほとんど自覚症状がなく、この状態が続くと血管内に脂質が蓄積して、血管を狭くしたりふさぎます。また、動脈硬化を引き起こします。
血管が狭く細くなると、血流が悪くなり心臓疾患の狭心症や心筋梗塞を起こし、また、脳梗塞や脳卒中の原因になり、成人病の発症のリスクを高めます。


高脂血症には、遺伝により発症するケースもありますが、日常の食生活が原因として考えられます。

高脂血症を予防するには、それぞれの脂質が関係します。
中性脂肪が多い方は、動物性脂肪も植物性脂肪も控え、糖質も少なくし酒類はできるだけ飲まないようにします。
血中コレステロールの多い方は、動物性脂肪を控え酒類も飲み過ぎに注意します。

高脂血症の方に果物は良いという説と、悪いという説があり判断は難しいです。
果物はビタミンが豊富で、成人病にはよいですが、果糖(フルクトース)を多く含みますので、過剰に摂取しないように注意しましょう。 三大成人病,予防,検診,成人病,検査

三大成人病の原因 「高脂血症」関連記事


プライバシーポリシー