三大成人病

スポンサードリンク

成人病を引き起こす糖尿病

成人病と関係の深い糖尿病について考えてみます。

糖尿病は三大成人病の中でも、心臓疾患と脳血管疾患に進行しやすい疾患です。
糖尿病はどのような疾患かといえば、膵臓(すいぞう)の働きが悪くなり、ここから分泌されるインスリンというホルモンの量が減少し、血液中のブドウ糖の量が多くなります。
ブドウ糖は、身体を動かすときに必要なもので、特に脳の働きには必要不可欠なもので、脳が求める栄養はブドウ糖のみです。

ブドウ糖は、なくてはならないものですが、一定量を超えて長い時間血液中のブドウ糖の量(血糖値)が多い場合、糖尿病を発症します。


糖尿病を発症させないためには、日常の食生活が大切になります。

糖尿病を発症させないための方法は、まずは暴飲暴食をしないことです。一日の摂取量を超えたカロリーオーバーの生活を続けていると、ほとんどの方の場合糖尿病を発症します。
また、適度な運動を行うことです。特別に激しい運動でなくても、毎日続けられる、簡単なメニューから始めて、毎日続けることが大切です。

また、ストレスをためないことです。ストレスは、身体おバランスを崩し、ホルモン分泌に影響を及ぼします。
ストレスは、身体に悪い影響を与えます。


糖尿病を予防するには、日常の食生活に大きく関わります。
毎日の食事は、栄養バランスの取れた、過剰なカロリーを摂取しない、質の良い食事を一日3食摂ることが望ましいです。
そしてこれに加え、毎日続けられる適度な運動を行うことです。
これを続けることで、糖尿病にかかるリスクを抑えます。

糖尿病に良いといわれる食品や、特定保健用食品などありますが、こればかりに固執して考えることより、日常の食事を見直すことの方が大切です。

最近体重が増えてきた方や、血圧が少し高くなってきた方は、要注意です。 三大成人病,予防,検診,成人病,検査

成人病を引き起こす糖尿病関連記事


プライバシーポリシー