三大成人病

スポンサードリンク

三大成人病と生活習慣病

三大成人病の発症と深い関係にあるのは、生活習慣病です。
生活習慣病にはいろいろありますが、成人病と関係するものは、「糖尿病」「脂質異常症(高脂血症)」「高血圧」「高尿酸血症」「肥満」などがあります。

三大成人病を予防するには、このような生活習慣病を予防することが大切になります。

「糖尿病」「高脂血症」「高血圧」「高尿酸血症」「肥満」を考えてみると、血液が関係した疾患が多いことがわかります。
上記の疾患で肥満を除けば血液が関係していて、「糖質」「脂質」「食塩」「プリン体」という物質が関係していることが考えられます。

これを考えると、生活習慣病を予防するには、「糖質」「脂質」「食塩」「プリン体」について日常の食生活を考え、食事でコントロールすることが大切になります。
いずれにしても過剰摂取が、悪い結果をもたらし生活習慣病を発症します。
過剰摂取は肥満の対策しついていえることで、腹八分目といわれる食事量が大切になります。

生活習慣病を予防するには、これらの血液に関する物質の摂取だけに依存するだけではなく、適度な運動、ストレスをためない、タバコの禁煙をするといった、まさに生活習慣の改善も必要になります。

生活習慣病を予防するには、日常の食生活を栄養バランスの取れた食事をして、食べ過ぎに注意してカロリーオーバーにならないように気を付け、適度な運動を心掛けましょう。運動は毎日続けられるメニューから行いましょう。

そして、禁煙は重要なことです、生活習慣病の予防のほかにも、成人病やほとんどの疾患原因になりますので、心掛けて禁煙に努めましょう。 三大成人病,予防,検診,成人病,検査

三大成人病と生活習慣病関連記事


プライバシーポリシー