三大成人病

スポンサードリンク

三大成人病と生活習慣病エントリー一覧

三大成人病と生活習慣病
三大成人病の発症と深い関係にあるのは、生活習慣病です。生活習慣病にはいろいろありますが、成人病と関係するものは、「糖尿病」「脂質異常症(高脂血症)」「高血圧」「高尿酸血症」「肥満」などがあります。三大成人病を予防するには、このような生活習慣病を予防することが大切になります。「糖尿病」「高脂血症」「高血圧」「高尿酸血症」「肥満」を考えてみると、血液が関係した疾患が多いことがわかります。上記の疾患で肥満を除けば血液が関係していて、「糖質」「脂質」「食塩」「プリン体」という物質が関係していることが考え...
成人病を引き起こす糖尿病
成人病と関係の深い糖尿病について考えてみます。糖尿病は三大成人病の中でも、心臓疾患と脳血管疾患に進行しやすい疾患です。糖尿病はどのような疾患かといえば、膵臓(すいぞう)の働きが悪くなり、ここから分泌されるインスリンというホルモンの量が減少し、血液中のブドウ糖の量が多くなります。ブドウ糖は、身体を動かすときに必要なもので、特に脳の働きには必要不可欠なもので、脳が求める栄養はブドウ糖のみです。ブドウ糖は、なくてはならないものですが、一定量を超えて長い時間血液中のブドウ糖の量(血糖値)が多い場合、糖尿...
三大成人病の原因 「高脂血症」
三大成人病と関係の深いものに、高脂血症があります。高脂血症とは血液中の脂質の量が異常に多い状態をいいます。この多くなる血中脂質にはコレステロール、リン脂質、中性脂肪、遊離脂肪酸などがあり、これらの多い脂質によって、高脂血症の種類が変わります。高脂血症には、総コレステロール値が高いものと、中性脂肪値が高いものと、どちらとも値が高い種類があります。血中脂質が高い状態はほとんど自覚症状がなく、この状態が続くと血管内に脂質が蓄積して、血管を狭くしたりふさぎます。また、動脈硬化を引き起こします。血管が狭く...
三大成人病の原因 「高血圧」
三大成人病の原因として考えられる高血圧について、この関係を考えてみます。血圧は血管内の血液の圧力のことで、心臓から送り出される血液の圧力のことになります。高血圧とはこの圧力が高くなることで、様々な疾患の原因になります。三大成人病の中では、高血圧は「心臓疾患」と「脳血管疾患」の発症のリスクが高くなります。血圧は簡単に測定することができますので、中高年で血圧の気になる方は、毎朝一回測定するように心掛けましょう。高血圧と判断される血圧は、最高血圧が140mmHg以上で、最低血圧が90mmHg以上が維持...
高尿酸血症のリスクと成人病
三大成人病と関係の深いものには「高尿酸血症」という疾患があります。「高尿酸血症」は三大成人病の「心臓疾患」と「脳血管疾患」にかかるリスクを高めます。高尿酸血症とは、血液中に尿酸が増え、血清尿酸値が男性では7.6ml/dl、女性では5.9ml/dl以上ある方を高尿酸血症といいます。高尿酸血症の症状は、血液中に尿酸が多くなると、尿酸の結晶が血液中に貯まり、これが尿酸塩のかたまりになり、関節に沈着し関節炎を引き起こします。この炎症は、「痛風」といい、強い痛みを伴います。関節炎は1〜2週間で治まりますが...
三大成人病と肥満の改善
三大成人病の発症に大きく関わるものは、生活習慣病です。生活習慣病はその名の通り、日常の生活習慣が大きく影響して発症する疾患のことです。これには、毎日の食生活が中お湯な役割を担っています。毎日の食事の乱れは、蓄積することで様々な疾患に発症します。偏った食事や高カロリーな食事など、少し気を付ければ改善できるものです。避難についても同様のことがいえます。遺伝性の肥満を除けば、必ず改善できます。肥満の予防について考えてみます。肥満の対策は、糖尿病の予防対策と同様に、カロリーコントロールが大切になります。...

プライバシーポリシー