三大成人病

スポンサードリンク

ストレスと睡眠

三大成人病の予防で大切なことは、ストレスの解消もあります。ストレスの解消には、人それぞれに解消法があるでしょう。
ストレスの解消は、その方が気持ちいいと感じることが大切です。

自宅で手軽にできるものでは、「アロマセラピー」「リラックスパイポ」や、ハーブティーの「カモミールティー」など、様々なものがあります。

この他では、集中して没頭できる趣味なども、ストレスの解消になります。
何かのスポーツや釣りといった、何か好きなものに没頭することは、大切なことです。

人が毎日行う睡眠は、ストレスの解消を行うものです。依存症 治療にも効果があります。
睡眠の重要性は、ストレスの解消だけではなく、身体の疲労を回復します。
これは身体の様々な機能の回復や修正を行います。
睡眠は大切で、十分に取ることで健康が維持されます。

睡眠の理想的な時間は7時間から7時間30分程度が良いといわれています。
また、睡眠を行っている時間帯も良いといわれる時間帯があり、夜の10時から深夜の2時頃は、睡眠していることが望ましいと言われます。

睡眠の質にも関係があり、いびきや睡眠時無呼吸症候群(SAS)の症状があると、昼の時間に居眠りを起こします。
これが長く続くと、重大な事故につながることもあり、また、心臓疾患などの疑いもあります。

三大成人病とストレスと睡眠の関係は、密接に関係しています。
まずは、十分な睡眠をとりましょう。

三大成人病とストレスと睡眠関連記事


プライバシーポリシー