三大成人病

スポンサードリンク

三大成人病と健康の自己管理

三大成人病の予防は、最終的には自分の健康への意識と、健康の自己管理になります。

三大成人病にかからないようにと考え、がんにいいものや、高血圧にいいものと、健康食品ばかり買いあさることではありません。
三大成人病の予防には病気に対しての正しい知識と、自分自身の自己管理が重要になります。

三大成人病は、生活習慣の乱れから発症するものが多くあります。
三大成人病の要因となる生活習慣病や前立腺肥大症は、日常の食生活を含めた生活習慣が大きく影響します。
日常の食生活を含めた生活習慣は、自己の健康管理から成りたちます。
自己の健康管理を正しく行うことで、生活習慣が正しく行われ、生活習慣病の発症のリスクを抑えることができます。

生活習慣病の発症のリスクを抑える為に大切なことは、日常の食生活にあります。
偏った、好きなものばかり食べたり、高カロリーや高脂肪の食事ばかりしていると、栄養に偏りが生じ、身体の機能のバランスやホルモンのバランスが崩れやすくなります。

日常の食生活で大切なことは、栄養バランスの取れた、質の良い食事を、毎日三度摂るようにします。
また、カロリーオーバーにならないように、食べ過ぎや飲み過ぎには注意します。

タバコの喫煙は出来る限り止めた方が良いです。
タバコは、様々な疾患の原因になり、大きなリスクを抱えることになります。
特にがんに対しては、タバコは発がん性物質を含んでいますので、がんに対して発症のリスクはとても高くなります。

この他にも、健康の自己管理には、ストレスや適度の運動もあります。
健康の管理は、体力の維持や精神的な健康管理も大切になります。

三大成人病と健康の自己管理関連記事


プライバシーポリシー