三大成人病

スポンサードリンク

三大成人病と身体の冷え解消

三大成人病の予防には、身体の冷えも影響します。
身体の冷えは身体に良くない影響を与え、それは免疫力低下やホルモンバランスの崩れなどがあります。
免疫力の低下もホルモンバランスの崩れも、自覚症状がなく、わかりにくいことですが、確実に影響があります。

女性に冷えはよく起こりますが、男性にも冷えの症状はあります。男性の冷えの症状と関係があることは、AGA(男性型脱毛症)で、以外と冷え性の方が多いようです。

身体の冷えが最も影響する疾患は、がんです。
冷えは免疫力低下が原因で、がんに対しての抵抗が少なくなるからです。
また、がんは身体の中で、暖かい場所には発生しにくい特徴があり、このことからも冷えた身体は、がんにかかりやすいことになります。

冷えを解消することは、身体が温まることで免疫力(人体防御システム)が向上し、疾患にかかりにくくなります。

身体を温める方法は、お風呂です。
お風呂で、湯船につかって暖める方法が、最も効果的に暖めることができます。
お風呂の温度は38℃〜40℃のお湯に、30分程度の入浴が良いといわれます。
また、シャワーでなく湯船につかる方がよく、身体の中まで暖まるには、この方法が望ましいです。
また、熱いお湯で短めより、38℃〜40℃のお湯で30分程度が、一番効果的です。 三大成人病,予防,検診,成人病,検査

三大成人病と身体の冷え解消関連記事


プライバシーポリシー