三大成人病

スポンサードリンク

成人病予防で血液をサラサラに

三大成人病の発症を抑えるには、血液をサラサラの状態にすることが、良い事がわかっています。
この血液をサラサラにするものでは、「クエン酸」、魚の油に含まれる「DHA」や「EPA」、「硫化アリル」があります。

血液はサラサラの状態になることで、心臓疾患や脳血管疾患に起こる、血栓や血管の閉塞を防ぐことができます。
血液の状態がサラサラなことは大切なことですから、この血液をサラサラにするものを紹介します。


「クエン酸」はレモンや梅干しなど酸っぱいものに含まれる成分で、特にレモンには多く含まれています。
ただ、レモンだけでは取りにくいので、いろいろなジュースに入れるか、お酒には焼酎に入れるなどして、お料理にも使うようにします。
梅ぼしにもクエン酸は多いですが、同時に塩分も多いので、取りすぎに注意です。
また、粉末のクエン酸を水に溶いて飲むものがありますので、これを利用するのも良いでしょう。

魚の油に含まれる「DHA」や「EPA」は、さばやさんま、いわしに多く含む油です、日常の食生活の中で肉が多い方は、この魚を食べるようにして、サラサラ成分を取るようにしましょう。


「硫化アリル」はネギ属の植物に多く含まれる成分で、タマネギ・長ネギ・ニラ・ニンニクなどに含まれています。
これらの野菜は、調理に使うものばかりですが、タマネギはお料理使え、オニオンスライスやサラダにして積極的に取りましょう。

血液をサラサラの状態にすれば、心臓疾患や脳血管疾患のリスクを抑えることが可能です。 三大成人病,予防,検診,成人病,検査

成人病予防で血液をサラサラに関連記事


プライバシーポリシー