三大成人病

スポンサードリンク

三大成人病の「脳卒中」の前兆

三大成人病の中の「脳卒中」を防ぐには、血液の状態が大切になります。
人の脳には細い血管が貼り巡っていますので、これを詰まらせないように健康管理をします。

脳卒中の起こる原因には、生活習慣病が大きく関わり、高脂血症・糖尿病・高血圧・痛風・タバコ・肥満・遺伝などが要因になります。
これらの要因を防ぐには日常の生活習慣が影響します。


脳卒中の予防するためには、血液がサラサラの状態が良いといいます。
血液をサラサラの状態にするものでは、「イチョウ葉」が良い成分で知られています。
「イチョウ葉」は医薬品の成分としても使われ、脳の血管には特に効果があるものです。

「γ(ガンマ)-アミノ酪酸」(ギャバ)も脳の血管には効果的に働き、脳内の血流を良くして脳卒中の予防に良いものです。

「キャバ」を多く含む発芽玄米は、玄米を発芽させたもので、価格は通常の白米より少し高いですが、栄養価についてはほとんどの項目で、白米に勝っています。
毎日の食事に取り入れるのは少し抵抗がある方でも、少しずつ取り入れることで、血液の状態が改善できます。

脳卒中の症状は、突然に意識障害で倒れ、重傷の場合には死に至ることがあります。
治療と回復にはリハビリが必要になり、重い障害が残ることがほとんどで、その後の生活には大きく支障をきたします。

脳卒中は起きる数か月前に現れる前兆の症状があり、「強い頭痛」「突然のめまい」「手足のしびれ」「ろれつが回らずしゃべりにくい」「モノが二重に見える」「物忘れが酷くなった」などたくさんあります。
少しでも普段と違った気にかかる症状があれば、早く医師の診断を受けることをおすすめします。

脳卒中は倒れてからでは遅いので、早期の発見が重要になります。 三大成人病,予防,検診,成人病,検査

三大成人病の「脳卒中」の前兆関連記事


プライバシーポリシー