三大成人病

スポンサードリンク

成人病の心筋梗塞と狭心症

三大成人病の中の心筋梗塞は、様々な要因があげられます。これには生活習慣病にも関わりが深く、要因や原因となる疾患には、高脂血症・糖尿病・高血圧・痛風・タバコ・肥満・遺伝などたくさんあります。

心筋梗塞は、心臓の機能をつかさどる心臓の筋肉である心筋に、栄養を送る動脈が上記した原因や要因により狭くなったりふさがることで、重傷の場合は心停止に至る疾患です。

心筋梗塞の前兆の症状は狭心症の症状である、胸の痛みや圧迫感を感じます。狭心症も生活習慣病である高血圧や糖尿病から発症します。
もし、このような症状があった場合は、速やかに循環器内科の受診を行ってください。

糖尿病にかかったいる方には、糖尿病性の神経障害で、発作の痛みや症状を感じにくいことがありますので、普段より注意が必要です。


狭心症には「労作性狭心症」と「安静時狭心症」といい、その症状が現れる状態で分けています。
「労作性狭心症」は、運動したときや身体を動かしたときに発症する狭心症の発作です。
「」は、反対に安静にしているときで、就寝中などに起こる発作です。

狭心症の発作はその現れ方で危険度を示します。
狭心症の発作の症状が、以前より回数が増えたり、痛みが強くなる、発作が長く続くと言った場合は危険な状態です。
更に危険な場合は、労作性狭心症と安静時狭心症を併発する場合です。

心筋梗塞の狭心症の症状のある方は、更に脳卒中の危険性もありますので、注意が必要です。 三大成人病,予防,検診,成人病,検査

成人病の心筋梗塞と狭心症関連記事


プライバシーポリシー