三大成人病

スポンサードリンク

成人病と血管疾患エントリー一覧

成人病の心筋梗塞と狭心症
三大成人病の中の心筋梗塞は、様々な要因があげられます。これには生活習慣病にも関わりが深く、要因や原因となる疾患には、高脂血症・糖尿病・高血圧・痛風・タバコ・肥満・遺伝などたくさんあります。心筋梗塞は、心臓の機能をつかさどる心臓の筋肉である心筋に、栄養を送る動脈が上記した原因や要因により狭くなったりふさがることで、重傷の場合は心停止に至る疾患です。心筋梗塞の前兆の症状は狭心症の症状である、胸の痛みや圧迫感を感じます。狭心症も生活習慣病である高血圧や糖尿病から発症します。もし、このような症状があった...
三大成人病の「脳卒中」の前兆
三大成人病の中の「脳卒中」を防ぐには、血液の状態が大切になります。人の脳には細い血管が貼り巡っていますので、これを詰まらせないように健康管理をします。脳卒中の起こる原因には、生活習慣病が大きく関わり、高脂血症・糖尿病・高血圧・痛風・タバコ・肥満・遺伝などが要因になります。これらの要因を防ぐには日常の生活習慣が影響します。脳卒中の予防するためには、血液がサラサラの状態が良いといいます。血液をサラサラの状態にするものでは、「イチョウ葉」が良い成分で知られています。「イチョウ葉」は医薬品の成分としても...
成人病予防で血液をサラサラに
三大成人病の発症を抑えるには、血液をサラサラの状態にすることが、良い事がわかっています。この血液をサラサラにするものでは、「クエン酸」、魚の油に含まれる「DHA」や「EPA」、「硫化アリル」があります。血液はサラサラの状態になることで、心臓疾患や脳血管疾患に起こる、血栓や血管の閉塞を防ぐことができます。血液の状態がサラサラなことは大切なことですから、この血液をサラサラにするものを紹介します。「クエン酸」はレモンや梅干しなど酸っぱいものに含まれる成分で、特にレモンには多く含まれています。ただ、レモ...

プライバシーポリシー