三大成人病

スポンサードリンク

成人病を誘発する発がん性物質

三大成人病の中で割合の最も多い疾患は、「がん」ですが、この「がん」を通発する発がん物質について紹介します。

まずは「プタキロサイド」です。これは山菜の「わらび」に含まれるものです。これは「わらび」を煮ることで取り除くことができます。煮るときに出るあくを取り除けば、過剰に食べ過ぎない限り心配はありません。

「アクリルアミド」という発がん物質は、コーヒーに含まれています。しかしコーヒーには、抗酸化成分の「クロロゲン酸」が含まれているので、相殺する作用になりますので、特に問題はありません。

よく言われる発がん物質と言えば、食べ物を調理したときに、焼き物などに就く「焦げ」です。
「焦げ」に含まれる発がん物質は「ベンゾピレン」といい、タバコにも含まれる発がん物質です。
この「ベンゾピレン」タバコにも含まれることで、できれば避けてください。

発がん物質ではないもので、ガンの発症を誘発する物質が塩分です。
塩分の摂りすぎは、身体に様々な悪い影響を与えます。
塩分が良くないことは、最近の健康ブームでよく知られるようになりました。
塩分は摂取しすぎると、血管の内壁を痛め、動脈硬化や高血圧を招きます。
このことから塩分の摂りすぎは、「ガン」に限らず心臓疾患や脳血管疾患も引き起こす可能性がありますので注意しましょう。

塩分の一日の摂取量は、10g以下が目安とされています。
食品の成分表示には、塩分として表示はされておらず、塩分であるナトリウムで表示されています。
ナトリウムの量を塩分の量に換算するには、ナトリウムの量に2.54を掛けることで求められます。 三大成人病,予防,検診,成人病,検査

成人病を誘発する発がん性物質関連記事


プライバシーポリシー