三大成人病

スポンサードリンク

三大成人病の胃がんと塩分

三大成人病の死亡人口が第二位の疾患もガンで、「胃がん」になります。

胃がんの発症原因は、「塩分の過剰摂取」「野菜不足」「タバコ」「ヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)の感染」などが主な原因になります。

ガンの腫瘍の発生場所が胃であるため、食べ物による発症原因があることが特徴です。
胃がんは胃の内壁の部分に腫瘍ができる症状で、原因で考えられる多くは、塩分の摂りすぎによるものです。
塩分が胃がんを発症させる原因は、胃の粘膜が塩分に弱く、胃の内壁を溶かして腫瘍を作ります。


日本人は昔より保存食として、塩を使って保存食を作り、食事を行ってきました。
日本食は、全般的に栄養バランスの取れた、低カロリーな食事で、日常の食生活の改善には良いとされています。しかし、塩分が多い食品がありますので、塩分を控えた日本食が最も良い食事になります。
塩分を控えた食事にするための工夫は、「酸味」や「辛味」を利用することで、お酢や香辛料を加えて水くささをなくします。

塩分を控えた食事は、胃がんの予防に良いだけではなく、高血圧や動脈硬化、腎臓病の予防にもなります。
最近は塩分を控えた食品や調味料がたくさん売られています。これらを利用して、できるだけ塩分の少ない食事を心掛けるようにしましょう。
薄味に慣れることも大切なことです。


胃がんの原因に「ヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)の感染」がありますが、これを減少させるためにも塩分は控えた方が良い方法です。 三大成人病,予防,検診,成人病,検査

三大成人病の胃がんと塩分関連記事


プライバシーポリシー