三大成人病

スポンサードリンク

三大成人病の肺がんと禁煙法

三大成人病とタバコの影響は大きく、成人病のがんの中で最も死亡人口の多いガンは「肺がん」です。
三大成人病の中で3割はガンの発症になりますが、その中で最も死亡率の高い肺がんになるリスクを抑えられれば、三大成人病にかかる割合も、少しは低くなります。

肺がんは長く喫煙の習慣がある方がかかるリスクが最も高く、40歳代ぐらいから発症の件数が増えています。
肺がんは発症しても発見が難しく、定期検査やがん検診で、胸のレントゲンの写真撮影で発見できます。しかし、肺の裏側などレントゲンに写りにくい場所に腫瘍がある場合は、発見が遅れることがあります。


肺がんを見つける検査はいろいろありますが、初期症状がほとんどなく発見が遅れることが多く、進行して脳に転移しているケースもあります。

肺がんの予防はタバコを止めることです。


肺がんの予防で禁煙グッズは色々ありますので紹介します。

ニコチンガムは医薬品の禁煙ガムで、タバコが吸いたくなったときに使用します。使用期間はおよそ3か月で禁煙に成功しますが、これは目安です。

「ニコチネルTTS」という貼り薬があります。これはニコチンを含んだものを身体に貼り、タバコが欲しくなる気分を抑えます。これは医師の指示で行い、およそ8週間が目安です。

禁煙補助剤と言うものがあります。これはニコチンを含まないもので医師の指示で行います。
これも他と同様に、タバコを吸いたい気持ちが軽減されます。
目安はおよそ12週間です。

何度も言うようですが、肺がんの予防法は禁煙です。 三大成人病,予防,検診,成人病,検査

-----

三大成人病の肺がんと禁煙法関連記事


プライバシーポリシー