三大成人病

スポンサードリンク

三大成人病のがんを防ぐ禁煙

三大成人病とタバコの関係について考えてみます。

タバコは「百害あって一利なし」と言われているほど、良い事はありません。三大成人病とタバコについて考えても、ガンに関して一番影響をもたらします。
また、タバコは三大成人病に限らず、様々な疾患の発症に影響しています。

タバコについて三大成人病か見るのではなく、タバコからどのような疾患にかかるか考えてみます。
タバコが原因でかかりやすくなる病気には、「肺ガン」「食道ガン」「喉頭ガン」に「心筋梗塞」や「脳卒中」といった「心臓疾患」「脳血管疾患」の他に「動脈硬化」や「高血圧」という生活習慣病の原因になります。
この他にも様々な疾患の要因などを考えると、実にたくさんの疾患の原因に関係してきます。

タバコで発症する疾患のリスクは、タバコを吸わない方の5倍のリスクがあります。


タバコの害は、喫煙者に限らず「受動喫煙」といい、タバコを吸う方の周りにいる方に影響します。
これは、タバコの煙が吸わない方が吸う、タバコの「副流煙」による影響があります。この副流煙はタバコを喫煙するよりも害があるとも言われます。
喫煙される方には、まわりの方に少しの心遣いが大切になります。


タバコの害をガンの発症について考えてみますと、タバコが原因で発症するガンでは、咽頭ガンが一番多く発症しています。次いで多いガンは肺がんです。肺がんは死亡率第一位です。

これらのガンが発症する患者は、長年の喫煙者が多く、40歳代後半からの発症が多く報告されています。

三大成人病のガンの発症のリスクを下げるには、喫煙を辞めることが一番の方法です。 三大成人病,予防,検診,成人病,検査

三大成人病のがんを防ぐ禁煙関連記事


プライバシーポリシー