三大成人病

スポンサードリンク

三大成人病と原因エントリー一覧

三大成人病のがんを防ぐ禁煙
三大成人病とタバコの関係について考えてみます。タバコは「百害あって一利なし」と言われているほど、良い事はありません。三大成人病とタバコについて考えても、ガンに関して一番影響をもたらします。また、タバコは三大成人病に限らず、様々な疾患の発症に影響しています。タバコについて三大成人病か見るのではなく、タバコからどのような疾患にかかるか考えてみます。タバコが原因でかかりやすくなる病気には、「肺ガン」「食道ガン」「喉頭ガン」に「心筋梗塞」や「脳卒中」といった「心臓疾患」「脳血管疾患」の他に「動脈硬化」や...
三大成人病の肺がんと禁煙法
三大成人病とタバコの影響は大きく、成人病のがんの中で最も死亡人口の多いガンは「肺がん」です。三大成人病の中で3割はガンの発症になりますが、その中で最も死亡率の高い肺がんになるリスクを抑えられれば、三大成人病にかかる割合も、少しは低くなります。肺がんは長く喫煙の習慣がある方がかかるリスクが最も高く、40歳代ぐらいから発症の件数が増えています。肺がんは発症しても発見が難しく、定期検査やがん検診で、胸のレントゲンの写真撮影で発見できます。しかし、肺の裏側などレントゲンに写りにくい場所に腫瘍がある場合は...
三大成人病の胃がんと塩分
三大成人病の死亡人口が第二位の疾患もガンで、「胃がん」になります。胃がんの発症原因は、「塩分の過剰摂取」「野菜不足」「タバコ」「ヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)の感染」などが主な原因になります。ガンの腫瘍の発生場所が胃であるため、食べ物による発症原因があることが特徴です。胃がんは胃の内壁の部分に腫瘍ができる症状で、原因で考えられる多くは、塩分の摂りすぎによるものです。塩分が胃がんを発症させる原因は、胃の粘膜が塩分に弱く、胃の内壁を溶かして腫瘍を作ります。日本人は昔より保存食として、塩を使って保...
成人病を誘発する発がん性物質
三大成人病の中で割合の最も多い疾患は、「がん」ですが、この「がん」を通発する発がん物質について紹介します。まずは「プタキロサイド」です。これは山菜の「わらび」に含まれるものです。これは「わらび」を煮ることで取り除くことができます。煮るときに出るあくを取り除けば、過剰に食べ過ぎない限り心配はありません。「アクリルアミド」という発がん物質は、コーヒーに含まれています。しかしコーヒーには、抗酸化成分の「クロロゲン酸」が含まれているので、相殺する作用になりますので、特に問題はありません。よく言われる発が...

プライバシーポリシー