三大成人病

スポンサードリンク

三大成人病と生活習慣病

三大成人病と生活習慣病について考えてみます。

三大成人病は、成人の最もかかりやすい病気のことですが、生活習慣病がほとんどの疾患で原因と考えられています。
生活習慣病には、糖尿病・高血圧・脂質異常症(高脂血症)・高尿酸血症・肥満などがあり、まさに成人病の要因ばかりです。

生活習慣病は日常の生活習慣の改善で、予防することができます。
この事を考えれば、三大成人病は生活習慣の改善で、発症を防ぐことができます。


三大成人病である「ガン」「心臓疾患」「脳血管疾患」の予防にはどのようなことが良いでしょうか。
ガンの予防は、そのたくさんあるガンの種類によって予防法も違うでしょうが、ハッキリとした正確な予防法は少ないと感じます。
心臓疾患の予防法については、脳血管疾患の予防法と同様に、血液の流れが起因する動脈の血管に問題が生じることで起こる疾患です。
この問題を起こさせないために有効なことは、高血圧や動脈硬化を起こさせないことです。

三大成人病の予防を考えると、生活習慣病の予防がしいては、成人病の予防につながる結果になります。

人が病気にかかるということは、人が持っている「免疫力」や「自然治癒力」という自己防御システムで守れる以上の負荷や状態が、身体にかかり、状態が続くことで発症します。

身体に良くない負荷がかかりつづけている事が、生活習慣病の原因で、これを取り除くことが生活の改善になります。
自分の生活で身体に良くない負荷がかかっていないか、一度見直してみましょう。 三大成人病,予防,検診,成人病,検査

三大成人病と生活習慣病関連記事


プライバシーポリシー