三大成人病

スポンサードリンク

脳血管疾患と後遺症のリハビリ

三大成人病のなかで、重い障害の後遺症が残り、死亡率も高い病気が「脳血管疾患」です。
「三大成人病」でいう「脳血管疾患」は、おもに「脳卒中」のことをいい、よく似た症状の「脳梗塞」とは区別しています。

「脳卒中」は「虚血性心疾患」と同様の仕組みで発症します。
「脳卒中」は脳内の血管が高血圧や動脈硬化などによって、ふさがれることや狭くなることで血液や酸素が不足し、足のしびれなどがおこり、脳機能に障害をもたらす病気です。


また、「脳卒中」には、脳内の血管が破裂して血液が流れ出す、「脳出血」があります。
「脳卒中」は、このふたつの症状を2大要因として考えています。

「脳卒中」の症状は、脳内の一部に血液が行き渡らなくなるために、脳に障害が起こり意識障害など起こして、意識不明で倒れます。
「脳卒中」は、倒れて始めてこの事がわかる方がほとんどです。

「脳卒中」は発症後の脳の機能障害で、重い障害が残り、後遺症の治療やリハビリが必要になります。
この後遺症には、身体の左右どちらかの半身が麻痺(まひ)する症状や、舌の呂律(ろれつ)がまわらなくなり言葉がうまくしゃべれなくなる、言語障害といった症状があります。
「脳卒中」の症状が重傷の場合では、死に至らなかったが、植物人間の状態になることもあります。

「脳卒中」には、前触れという症状が報告されていて、主な症状は身体が麻痺する症状や、手足がしびれる症状に、うまくしゃべれないと言う症状があります。

少しでも疑いのある場合は、これが前触れかも知れませんので、必ず医師の診断を受けましょう。 三大成人病,予防,検診,成人病,検査

脳血管疾患と後遺症のリハビリ関連記事


プライバシーポリシー