三大成人病

スポンサードリンク

三大成人病の心臓疾患は早期治療が大切

三大成人病のなかで、死亡原因がガンに次いで高い疾患が「心臓疾患」です。「心臓疾患」とは心臓に関わる病気で、死亡原因の最も高いものが「虚血性心疾患」という病気です。

「虚血性心疾患」とは「狭心症」や「心筋梗塞」といわれる心臓の病気のことで、心臓を機能する筋肉の心筋に血液が行かなくなり、これが栄養不足になり、壊死し、更には心停止になる病気です。


「三大成人病」で言う心臓疾患は、死亡原因の一番高い「心筋梗塞」のことを言います。
「心筋梗塞」は心臓の冠動脈が、高血圧や動脈硬化が原因でふさがれたり狭くなって、血流が滞る病気です。
血流が滞ると、心臓の機能をはたす心臓の筋肉の心筋に血液が行かなくなり、そして壊死します。
この症状は急に起こる事が多く、この場合を「急性心筋梗塞(AMI)」と言います。

急性心筋梗塞は、その名の通り突然に心臓が停止します。
心筋梗塞が起きた場合は、一刻も早く処置を行わなければ、死に至ります。

近年は、公共の施設や場所にAED(自動体外式除細動器)が設置されるようになり、誰でも必要に応じて電気的なショック(除細動)を与え、心臓の働きを戻すことが行えるようになり、多くの方の命を救っています。

心筋梗塞は何らかの前触れが起こる事もあります。しかし、何も起こらない場合もある以上、心臓疾患から予防する生活習慣が大切になります。 三大成人病,予防,検診,成人病,検査

三大成人病の心臓疾患は早期治療が大切関連記事


プライバシーポリシー