三大成人病

スポンサードリンク

三大成人病の3割はがん 死亡要因1位

「三大成人病」の中で、一番懸念されている病気が「ガン(悪性腫瘍)」で、これには様々な種類のガンがあります。
ガンは現在、最も死亡率の高い病気で、死亡原因の3割を占めています。

ガンは、人の身体を形成する細胞が、分裂するときに突然悪性細胞に変異し、更にこれが進行して臓器を侵し、やがて死に至る病気です。
ガンの中で発症の割合の多いガンでは、「肺ガン」「胃ガン」「肝ガン」「大腸ガン」「乳ガン」などがあります。


ガンの特徴は、まず発見が難しいと言うことです。
ガンの初期症状は痛みもなく、何も感じないまま進行していく病気です。このためにガンが発見されたときは既に末期ガンで、治療の施しようがない状態になっていることもあります。

ガン治療の研究は、日夜進歩していますが、ガンは初期の段階に早期発見することで、完治が望める病気です。
健康診断や定期検診で、必ずがん検診を行うことを強くおすすめします。
がん検診には最近注目されている、女性の乳がん検診があります。一般に30歳前後から発症件数が増加すると言われる、乳房のガンです。

乳がん検診は、年に1〜2回の検診で早期発見が可能です。女性の方には、是非、受けて頂きたいがん検診です。


「三大成人病」のガンについては、予防することも大切ですが、「ガン検診」で「早期発見」を行い、治療には必ず多額の費用がかかりますので、「ガン保険」を備えておくことで、がんに対しての対策になります。

人の3割の方がかかるといわれるガンについて、正しく理解することで克服することが可能です。 三大成人病,予防,検診,成人病,検査

三大成人病の3割はがん 死亡要因1位関連記事


プライバシーポリシー