三大成人病

スポンサードリンク

三大成人病とは


病気には子供も大人も同じようにかかりますが、特に大人の方がかかる病気ついで、発病するリスクや死亡率の高い病気を、割合の多いものから3つを選んだものを「三大成人病」といいます。
この「三大成人病」は、「ガン」「心臓疾患」「脳血管疾患」の3つを指して言います。

「三大成人病」は日本人の6割の方がかかるほどの割合を占めていて、その中で死に至る方はほとんどを占めています。たった3つの病気で、6割近い方が亡くなっていることになります。
しかし、この3つの病気に対して、十分に気を付けていれば、いつまでも健康でいられることになるでしょう。
この「三大成人病」の予防について考えていきます。


「三大成人病」の予防法で、これが一番いいという方法はあるでしょうか。
これには「三大成人病」の「ガン」「心臓疾患」「脳血管疾患」について、これらがどのような病気か理解することが大切です。

これらの病気は「成人病」という、大人になってからの日常の生活習慣が多く左右しています。
子供にはない大人の良くない生活習慣があり、これが長年続くことで「成人病」は発症します。

この良くない大人の生活習慣は、喫煙や飲酒、アンバランスな栄養の食事、高カロリー高脂肪の食事など、思い当たることはたくさんあるでしょう。また、精神的に社会生活の中でのストレスもあります。

「三大成人病」の予防は、日常の生活スタイルや食事の行い方を、予防に正しい生活を行っているか照らし合わせて、予君合い部分は改善することで、死亡率の高い「三大成人病」は回避できるでしょう。

「三大成人病」の予防は、「成人病」について知り、日常の生活スタイルを分析することです。 三大成人病,予防,検診,成人病,検査

三大成人病とは関連記事


プライバシーポリシー