三大成人病

スポンサードリンク

三大成人病とはエントリー一覧

三大成人病とは
病気には子供も大人も同じようにかかりますが、特に大人の方がかかる病気ついで、発病するリスクや死亡率の高い病気を、割合の多いものから3つを選んだものを「三大成人病」といいます。この「三大成人病」は、「ガン」「心臓疾患」「脳血管疾患」の3つを指して言います。「三大成人病」は日本人の6割の方がかかるほどの割合を占めていて、その中で死に至る方はほとんどを占めています。たった3つの病気で、6割近い方が亡くなっていることになります。しかし、この3つの病気に対して、十分に気を付けていれば、いつまでも健康でいら...
三大成人病の3割はがん 死亡要因1位
「三大成人病」の中で、一番懸念されている病気が「ガン(悪性腫瘍)」で、これには様々な種類のガンがあります。ガンは現在、最も死亡率の高い病気で、死亡原因の3割を占めています。ガンは、人の身体を形成する細胞が、分裂するときに突然悪性細胞に変異し、更にこれが進行して臓器を侵し、やがて死に至る病気です。ガンの中で発症の割合の多いガンでは、「肺ガン」「胃ガン」「肝ガン」「大腸ガン」「乳ガン」などがあります。ガンの特徴は、まず発見が難しいと言うことです。ガンの初期症状は痛みもなく、何も感じないまま進行してい...
三大成人病の心臓疾患は早期治療が大切
三大成人病のなかで、死亡原因がガンに次いで高い疾患が「心臓疾患」です。「心臓疾患」とは心臓に関わる病気で、死亡原因の最も高いものが「虚血性心疾患」という病気です。「虚血性心疾患」とは「狭心症」や「心筋梗塞」といわれる心臓の病気のことで、心臓を機能する筋肉の心筋に血液が行かなくなり、これが栄養不足になり、壊死し、更には心停止になる病気です。「三大成人病」で言う心臓疾患は、死亡原因の一番高い「心筋梗塞」のことを言います。「心筋梗塞」は心臓の冠動脈が、高血圧や動脈硬化が原因でふさがれたり狭くなって、血...
脳血管疾患と後遺症のリハビリ
三大成人病のなかで、重い障害の後遺症が残り、死亡率も高い病気が「脳血管疾患」です。「三大成人病」でいう「脳血管疾患」は、おもに「脳卒中」のことをいい、よく似た症状の「脳梗塞」とは区別しています。「脳卒中」は「虚血性心疾患」と同様の仕組みで発症します。「脳卒中」は脳内の血管が高血圧や動脈硬化などによって、ふさがれることや狭くなることで血液や酸素が不足し、足のしびれなどがおこり、脳機能に障害をもたらす病気です。また、「脳卒中」には、脳内の血管が破裂して血液が流れ出す、「脳出血」があります。「脳卒中」...
三大成人病と生活習慣病
三大成人病と生活習慣病について考えてみます。三大成人病は、成人の最もかかりやすい病気のことですが、生活習慣病がほとんどの疾患で原因と考えられています。生活習慣病には、糖尿病・高血圧・脂質異常症(高脂血症)・高尿酸血症・肥満などがあり、まさに成人病の要因ばかりです。生活習慣病は日常の生活習慣の改善で、予防することができます。この事を考えれば、三大成人病は生活習慣の改善で、発症を防ぐことができます。三大成人病である「ガン」「心臓疾患」「脳血管疾患」の予防にはどのようなことが良いでしょうか。ガンの予防...

プライバシーポリシー